本文へ移動

保育内容

カトリック坂ノ市幼稚園の教育目標

 カトリックの精神を基礎として、
 
 モンテッソーリ教育法による縦割り保育の中で、
 
 全人格的成長を目指します。

モンテッソーリ教育について

マリア・モンテッソーリ
自ら良く生きようとする声明を援助する教育
 
 イタリア初の女性医学博士であり教育学者マリア・モンテッソーリ(1870~1952)は「幼児期、特に2才~6才の感覚が敏感な時期に、適切な環境と援助が与えられなければ人格形成に欠陥が生じる」ことを発見し、この事実を教育の現場に生かして、医学界、教育学界から注目される教育法(モンテッソーリ教育法)を編み出した。
 彼女は、発達の遅れた子ども達の治療教育を通して得た自らの経験をもとに、子供の家を設立し(1907年)、子供が真に欲しているものは何か、また、どのように援助すれば子供のうちに潜む生き生きとした生命力を引き出せるかを科学的に体系化しました。あれから約100年間、モンテッソーリ教育法は、ヨーロッパのみならず、世界中の国々において普遍的な教育法としてますます広く定着しています。現在アメリカでは、4000の施設を数え、日本でも2000に達しています。
 当園は、1987年(昭和62年)にモンテッソーリ教育を導入し、以来21年間、信念と確信をもって取り組んでいます。
 

 
個別活動とは
 
 すべての活動の基盤になる、日常生活の練習、感覚教育、言語教育、数教育、文化一般の諸領域にわたって子どもたちが自発的に学べるように、保育室に各コーナーを設け、本物で美しい多様な教材を整えます。そこで子供自身が自分に合った活動を選び、取り組み、自分自身を成長させていきます。教師は、大人の考えで外側から教え込んだり、活動を押し付けたりするのではなく、子どもの自主性を大切にし、子どもの中のすでに自然に備えられている大きな力(成長発達を促す原動力=生命)に信頼して、子ども自身がそれに従って自ら成長していけるように援助します。
 当園は、この自主的活動を通して子どもが精神的にも肉体的にも円満な発達を遂げ、優れた能力とともに柔軟な適応力と自立心の確立という教育の高い目標が達成できるよう、この個別活動をもっとも大切にしています。
 

縦割りクラス編成について

 年令別クラス編成ではなく1クラスに3,4,5才児を混合して編成します。縦割りクラス編成は、異年齢の子どもたちが、それぞれの持ち味を生かし、家庭的な雰囲気をかもしながら生活することによって、競争によってではなく、お互いが教えあい、助け合い、伝え合いながら円満な人格を形成していくことを目指しています。


★家庭的な雰囲気の中で教えあい、助け合うことができる
年令が異なるので、自然のうちに年長児は年少児に対して愛情、いたわり、思いやりの心を持って親切に教え、手助けし、そのよき手本となるよう自らを制していきます。これによって自分自身をより豊かに充実させます。他方、年少児は年長児に対してあこがれと賞賛を持ちながら、その良き手本に倣って生きるよう努力します。こうして、縦割りクラスでは、自然のうちに、大人が伝えることのできないものを自分たちで伝え合い、気付き合い、高め合って行くことができるのです。


★学年齢を超えて同じ知的水準の子どもが一緒になれること
幼児期は、知的発達がとても早い子と、ゆっくりした子の個人差が目立ちます。
そのため劣等感や優越感をもち、これが精神発達に支障をきたしますが、縦割りの場合、そのような意識に調和を保たせることができます。


★新学期には、毎学年ごと、ゼロから出発しなくてよい
新学期は、進入園児で大変な混乱が起こります。しかし、縦割りクラスではクラスの半分以上がそのまま同じクラスに残っているので、在園児が新入園児に手助けしあまり混乱を起こしません。


★二年または三年の継続養成ができる
教育は、教師と子どもたちの信頼関係から始まります。クラス替えが無く、継続的に個人の成果をそのまま積み上げて行くことができます。また、クラスの良い伝統もそのまま子どもたちに受け継がれていきます。
 

おしごと(学習活動)による教育

日  常はさみ・針を使った活動・着衣枠の紹介
感  覚五感(視覚・聴覚・触角・嗅覚・味覚)を使う活動です。
数の紹介1~10、連続数、十進法 など
言  語文字の紹介から始まり、読む→書くへ繋がっていきます。
文  化地図や地球儀を使って大陸があること、海洋があることを知る。
日常
日常
感覚
感覚
数
言語
言語
文化
文化

学年活動による教育

絵画工作絵画や工作の作品を背院生と一緒に楽しく作ります。
体  育モンテソーリ教育の幼児体育指導法に基づいて、体育を学びます。
お 作 法毎週金曜日に年長組の活動として、お作法の先生からご指導を受けます。
書 き 方毎週金曜日に年長組の活動として、文字と言葉を学びます。
音  楽リズムや音階、楽器を用いて音楽を楽しく学びます。
音楽
音楽
体育
体育
お作法
お作法
書き方
書き方
絵画
絵画

キリスト教精神に基づく教育

お祈りお祈りを通して、人として謙虚な心を育てます。家族の健康と世界平和など、人知を超えたものの考え方も身につけます。
聖 歌毎朝、いろいろな聖歌を歌います。聖歌を通して、美しく歌う体験をしながら、神様を賛美することを学びます。
カトリックの行事クリスマスや聖母祭など、宗教的な行事を通して、仲間と協力することやリーダーシップを学びます。

生活面においての教育

あいさつ元気よく、正しいあいさつができるようになります。
食事のマナー食前・食後のお祈りで始まり、みんなと楽しく食べます。食事のマナーを身につけながら、強い体に成長します。
手洗い・うがい食事の前だけではなく、活動の場所が変わる時も、手洗い・うがいを心がけます。
お世話縦割り保育では、異年齢の学年の交流によって、家族的な兄弟姉妹の関係のように心身の豊かな成長に結びつきます。

▼お気軽にお問い合わせください

学校法人大分カトリック学園
カトリック坂ノ市幼稚園
〒870-0308
大分県大分市坂ノ市南3丁目3番30号

TEL:097-593-4231
FAX:097-593-4261

子育て支援・幼稚園
 
0
6
9
5
5
0
TOPへ戻る